通販で印鑑を購入する際の費用はどれくらい

手軽に通販で印鑑の購入もできるようになりましたが、実際に購入をしようとお店を比べているとそれぞれで値段が違ってどうしたらいいのか迷うのではないでしょうか。よく購入されるのは、実印と銀行印、そして認印です。一本ずつ必要なものを購入する事もできますし、セットになっているものであれば気軽に三本入手できます。実印で平均約1万円前後かけるという方が多いので、銀行印や認印などになるとそれより安くなると思っておくと良いでしょう。これから三本全て揃えたいと思うのであれば、2~3万円程度の予算で考えながらお店の比較をしていくと探しやすいです。もちろん、値段をもっとかけるのかそれともリーズナブルに作りたいのかはそれぞれなので、よく検討していくようにしましょう。

材質に何を使うのかも値段に関わってきます

印鑑を購入する際には、名前をどうするのか、使う書体は何がいいのかということを見ているかもしれませんが、費用の大部分としては本体の材質がかなり重要です。印材として名前を挙げられる事の多い象牙は人気がありますが、貴重なものなのでかなり高いです。黒水牛などもありますし、つげなどの木材形も使われます。最近は耐久性も高くそれでいてスタイリッシュな見た目もあいまって人気が出てきている金属系のチタンもありますが、象牙並みの値段がついている事もあります。通販はお店で買うより安いと言われていますが、それでも高級な印材を使うと値段は高くなりますので、購入する前にはきちんと価格を見ておくようにしましょう。ステータスを求めるのか、それともエコでリーズナブルな素材がいいのかは自分次第です。

全体的に費用を考えていきましょう

お店であれば、作ってもらった印鑑の代金だけで済みますが、通販だと宅配便などを使って届けてもらうので、別途送料がかかる事もあります。殆どのお店で即日発送などもしてくれたりするのですが、お店によっても対応はまちまちなので、急ぎの時に間に合わせたいという時には別料金がかかっていないかもチェックしておきましょう。作成をする時にオプションなどを利用している時にはそちらの料金もどうなっているのか確認をしてから注文してください。長く使っていくものですから、安いものばかり選ぶというのでは何度も作り直しになってしまって結局お金がかかってしまう事もあります。たくさんのお店がありますので、複数のお店で素材や字体なども確認しながら納得できるものを購入できるようにしましょう。